上野学園中学校・高等学校

1/12(日)「第54回 東京私立中学高等学校 教職員音楽会」に本校教諭が出演

1月12日に、東京オペラシティリサイタルホールにて「東京私立中学高等学校協会/東京私学教育研究所主催 教職員音楽会」が開かれ、本校の武澤陽介教諭と岩瀨愛優教諭が出演しました。

F.メンデルスゾーン作曲の連弾曲「アンダンテと華麗なるアレグロOp.92」を演奏し、優雅で華やかなアンサンブルを披露しました。

この演奏会は、教職員の研修の場として毎年開催されています。他校からも13組の先生方が参加され、活気あふれる演奏会となりました。

アンダンテと華麗なるアレグロ Op.92/F.メンデルスゾーン

気品と華麗さを併せ持つこの連弾作品は、1841年、ライプツィヒ、ゲヴァントハウスの慈善演奏会で、作曲者メンデルスゾーン自身とクララ・シューマンによって演奏するために書かれた。

抒情的小品である無言歌を彷彿とさせる、2名の奏者によって奏でられる絶妙な和声と非和声音の織りなす美しい旋律が魅力の導入部は、まるで歌劇のアリアのよう。

後に続く主部の溌剌とした音楽性とともに、作曲者の類い稀な品格と霊感の表出である。

ロマン派ピアノ室内楽が隆盛を極めた十九世紀中期の結晶のような作品である。

(当日プログラムノートより)

20200201154956-0001.jpg

IMG_7885.jpg

Page Top
サイトトップへ