上野学園中学校・高等学校

高校 音楽科(器楽・声楽コース・演奏家コース)

高等学校音楽科

高等学校の音楽科は、自分の音楽的な力をさらに伸ばしたいと考えている生徒のための器楽・声楽コースと、将来ソリストとして演奏家を目指す演奏家コースがあります。

器楽・声楽コース

音楽基礎科目

音楽基礎科目では、「和声」「音楽理論」「音楽史」「ソルフェージュ」などの音楽の基礎をきめ細かな指導で学ぶことができます。「和声」「音楽理論」「ソルフェージュ」は習熟度別の授業を行っています。

レッスン

専門実技のレッスンは1週間に1回、1レッスン60分の指導を受けます。また、副科としてピアノ専門生は声楽、その他の専門生はピアノのレッスンを1週間に1回受けます。

アンサンブル

「弦楽」「古楽」「ヴィオール」「リコーダー」「ピアノ」「声楽」の6種のアンサンブルが展開されています。なかでも全国に先駆けて古楽専門を設置した上野学園の古楽合奏からは、多くのソリストが輩出されています。

演奏家コース

音楽基礎科目

「和声」「音楽理論」「西洋音楽史概論」「ソルフェージュ」など、少人数できめ細かな指導により、大学レベルの高度な内容を学ぶことができます。ソルフェージュは習熟度別に分けられ、自身の演奏に反映する力を身につけます。

レッスン

専門実技のレッスンは、演奏家を目指す生徒のために1週間に120分の充実した時間を設定しています。また、副科としてピアノ専門生は声楽、その他の専門生はピアノのレッスンを1週間に1回受けます。

室内楽

第一線で活躍する演奏家の教授陣が担当します。生徒どうしでアンサンブルをしたり、指導者と共に生徒が一緒になって演奏をし、より実践的な経験を積める魅力的な授業です。

高校シラバス

高校

演奏研究

"音楽がわかる" "良い演奏をする"そのためには、音楽を様々な面から多角的に見る必要があります。「演奏法」では古典から現代までの様々な楽曲の様式を学び、的確に表現するための必要な知識や技術を習得し、最終的に創作活動につなげます。本校では高1、2年次に古典舞踏をとおし音楽表現のスタイルを学びます。古典舞踏の歴史、手足のポジション、舞踏譜なども学び、メヌエット、ブレ、ガヴォットの舞曲にステップを踏み踊ります。また実際に舞曲を作曲して演奏する機会もあります。高3に於いて更に発展させ、オペレッタを制作し、作品の発表会を行います。

※演奏研究の中に古典舞踏は含まれます。「古典舞踏」の項目はございません。

ph01 (1).jpg
合唱

歌唱の基本的技能、アンサンブルに必要な要素を学び、声によるハーモニーの響きを味わいます。ア・カペラ、現代曲を含む古今の名曲(原語・日本語)に触れ、総合的な表現の向上を図ります。

器楽・声楽コース

ソルフェージュ

演奏や将来の音楽活動につなげるための能力開発と基礎練習です。リズム感・和声感・音程感・調性感等を養いつつ、音楽の聴取力・内的聴取力・読譜力・視唱力を含めた表現力等をトレーニングをします。グレード別少人数クラス編成によって、個々に行き届いた指導を行います。音楽を聴き分けるのに大切な「耳」を育てます。

古楽合奏

鍵盤楽器演奏で必要な通奏低音奏法の基礎を学びながら、リコーダーやヴィオールとの合奏を行い、アンサンブルの基礎を学習します。バスと数字を見ながら、その場にふさわしい和音を自分で探せるようにすることを目標とします。

弦楽合奏

弦楽合奏の授業では、重なり合う音の調和の素晴らしさを体感するため、音程だけでなく、音色や和音のバランスを耳で聴き分けて演奏できることを目標としています。
高校では比較的シンプルな構造の作品を取り上げ、分析を行い、生きた表現に繋げていきます。

ピアノアンサンブル

器楽・声楽の伴奏曲、連弾曲、二重奏などの楽曲を通して、アンサンブルとしての音色・呼吸を学びます。独奏曲とは異なる音楽創りを経験します。

声楽アンサンプル

発声法を確認しながら、重唱・合唱を学びます。また、動きや振り付けを考えてオペラの1シーンを演じます。

ヴィオール、リコーダーアンサンプル

様々な種類のヴィオールやリコーダーを通して、16・17世紀の作品を演奏します。

和声

和声(ハーモニー)を学ぶことは、音楽を理解し、和音や調に対する感覚を豊かにすることに役立てます。基本的な和音の働き(機能)やつながり(連結)を実習と分析を行いながら学習します。

音楽理論

音符や音名、拍子など楽譜を読むためのノウハウや音程、音階、和音、調といった音楽の仕組みを少人数で3年間じっくり学ぶことによって、より深い演奏解釈のための基礎知識を習得します。

音楽史

今日の私たちを取り巻く様々な音や音楽は、いつ頃生まれ、どのようにして発展してきたのでしょうか。 ヨーロッパを中心に毎回音楽を鑑賞しながら、様式感や作曲家とその作品、楽器や演奏スタイルの変遷について学んでいきます。

演奏家コース

ソルフェージュ

演奏家にとって必要な音楽基礎能力を養います。とくに、音楽の聴取力・和声感・リズム感・活き活きとした表現力・演奏解釈につなげるための音楽の分析力・初見視唱および初見演奏力・即興力・内的聴取力等の向上を目指し、トレーニングをします。授業は大学の教授によって行われます。

室内楽

演奏家コースのハイレベルなアンサンブル能力を高めることを目標とします。理論に基づいた音楽表現や役割を演奏技術に結びつけるため、各楽器担当の指導者がレッスンを担当し、楽器固有のアンサンブル語法を徹底的に学びます。

ph03.jpg
和声

音楽の解釈や演奏表現に活かすために、1.実作品を引用しながら、調性和声の基礎事項の全体を概観します。2.それと並行して、4声体(バス課題・ソプラノ課題)の実習を教科書に沿って進めていきます。

音楽理論

ヨーロッパでは、「よき演奏家」を「よき解釈者」とも呼びます。"演奏家コース・音楽理論"においては「よき解釈者」となるための基礎を学びます。初歩の音楽理論の基礎知識習得、演習に始まり、音楽の形式、楽曲の形式、楽曲分析、創作、演奏論の読解などを通して、作曲家の視点からも音楽を捉えることができるようにします。

西洋音楽史概論

高校1年生次は基礎的な音楽史を学び、2、3年次に於いて上野学園大学で開講される授業に入り、より専門生が高い学びを習得します。2、3年次の2年をもって1サイクルとし、声楽史と器楽史を1年ずつ学びます。視聴覚資料を多く用い、また生徒自身が演奏をする事などで、幅広い知識と視野を身につけます。

Page Top
サイトトップへ