上野学園中学校・高等学校

設置コース紹介

中学校 アドヴァンスト・コース

  • 国公立大学や難関私立大学を目指すコースで、高校1年生 までは中高一貫生のみのクラスです。
  • 国数英の授業時間を十分に確保し、中3では高校の内容に進みます。 高2からは高校入学の特進コース生とともに文系・理系に分かれ、 目標大学の突破を目指します。

中学校 プログレス・コース

  • 十分に確保した授業時間数ときめ細かな学習指導で、徹底した基礎学力 を育成します。高校では、基本的には総合進学コースに進み4年生大学への進学を目指します。授業以外の夏期・冬期講習も充実しており、少人数制での指導で、着実に力をつけていきます。

高等学校 普通科/特別進学コース

  • 国公立・難関私立大を含む4年制大学への現役合格を目指し、少数精鋭・特別カリキュラムで授業を行っています。
  • 3教科(英・国・数)を中心に、1・2年次には本校教師による7時間目授業、3年次には予備校講師による講習をそれぞれ80分で実施。さらに夏期講習・冬期講習など充実した内容で、合格率100%の学力を養成します。
  • 2年次より文系、理系に分かれ、希望の進路に対応した少人数制の授業を実施します。

高等学校 普通科/総合進学コース

  • 情報・福祉・看護・スポーツ等幅広い分野の4年制大学への進学に対応しています。
  • 一人ひとりの希望や適性に応じた多様な選択科目が充実しています。
  • 進路指導では、きめ細かな個別指導を行うことにより、一人ひとりの夢を実現させます。
  • 2年次からの特別進学コースへの進路変更も可能です。

高等学校 音楽科/演奏家コース

  • 将来、ソリストとしてステージに立つことを目標とし、世界的に著名な演奏家でもある上野学園大学の音楽教授が生徒一人ひとりの個性や才能に合わせて親身に指導します。
  • 1990年ショパン国際コンクール第3位(1位なし)の横山幸雄教授、東京都交響楽団ソロ・コンサートマスターの矢部達哉教授(ヴァイオリン)をはじめ、第一線に立つ器楽・声楽の演奏家が個人レッスンを行います。
  • 演奏会やコンクール、公開レッスンを通じて多くのことを学ぶことができます。大学レベルの音楽専門教科の授業も受けられます。

高等学校 音楽科/器楽・声楽コース

  • 大学教授や専任講師から、演奏法や音楽理論、ソルフェージュ(グレード別)について基礎から学べ、アンサンブルなどを通して将来オーケストラや吹奏楽団の指揮者や団員、プロ合唱団のコアマスター、音楽教育のスペシャリストとして通用する基礎能力を養えます。
  • 年間を通じて多数の演奏会に参加したり、学園が所有する世界に稀な古楽器や文献に触れたりすることができます。
Page Top
サイトトップへ