上野学園中学校・高等学校

2018年度新入試概要

新入試のポイント

POINT
1
公立中高一貫校対策が
そのまま活かせる!
「適性検査型試験」

Ⅰ・Ⅱ型もしくはⅠ・Ⅱ・Ⅲ型の選択で受験が可能
公立一貫校で実施される「適性検査」型の入試問題です。公立一貫校を目標とする勉強を十分に活かして入試に臨んでいただけます。

【入試日程】2月1日(木)午前
詳細はこちら

POINT
2
英語選択も可!
「得意科目選択型入試」

国・算・社・理の4科から2科、または国・算・英の3科から1科を選択して受験が可能
得意科目で受験することができる新設の入試です。4科から2科を選択するか、国・算に英語を加えた3科から1科を選択することが可能です。

【入試日程】
得意科目2科選択(国・算・社・理から2科):2月1日(木)午後
詳細はこちら

得意科目1科選択(国・算・英から1科):2月2日(金)午前
詳細はこちら

POINT
3
学習以外の特技で受けられる!
「自己表現型入試」

教科以外の特技で受験可能な新しい入試です
習い事などを継続して、教科以外の特技を持つ受験生を「表現力」で審査します。事前に活動報告書・通知表(写し)を郵送したうえで、試験日当日は作文と表現型入試(自己アピール+面接)を実施します。
自己表現型入試

【入試日程】2月2日(金)午前、2月4日(日)午前
詳細はこちら

POINT
4
2科(国・算)で特待生を狙え!
「特待チャレンジ入試」

3年間特待の合格もでます
国・算の2科に自信のある受験生が、特待生に挑戦する試験です。
特待生制度目安

【入試日程】2月4日(日)午後
詳細はこちら

新たな入試に向けて

上野学園中学校の教育目標は「21世紀のグローバル社会で活躍する人材の育成」です。
21世紀社会で求められる力は多様化し、2020年からは大学入試改革が始まります。
そこでは、知識・技能はもとより思考力・判断力・表現力が問われ、主体性・協働性・多様性が求められます。
こうした「力」を身につけられる生徒たちを迎え入れるべく、中学入試の体系を大きく見直しました。従来通りの2科・4科型で基礎学力・応用力を持った生徒たち、思考力や総合的な力を持った生徒たちに加えて、自分の得意分野を持った生徒や、教科以外の経験から自分を表現できる生徒も視野を広げて評価します。2科4科の枠にとらわれず、受験生の皆さんの多様な可能性を受け入れたいと考えています。自己肯定感を持ち、表現力のある生徒達は、本校に入学してから必ず伸びることができると確信しています。

日程別入試要項

各日程及び自己表現型の入試要項詳細は、それぞれのページでご確認ください。

Page Top
サイトトップへ